2011年11月15日

【掲載】ネットで流れた怖い話、OCTOBA(オクトバ)に掲載!

ネットで流れた怖い話、OCTOBA(オクトバ)に掲載!


ネットで流れた怖い話
最大手アプリレビューサイト「OCTOBA(オクトバ)」に掲載されました。

掲載内容は以下の通りです。

レビュー:
アプリの特徴

●ネット上にあふれる怪談を快適に閲覧できるアプリ
●怪談はアプリ内に収録済みのため通信不要
●心霊系だけでなく、サイコホラーや笑える話も
●現在150話収録で今後も追加予定

「怖い、嫌だ」と言いつつも、なぜか日本人は怪談や都市伝説といった類の話が大好きです。
現にデジタル万能の現代においても、それらの話は決して途絶えることはありません。
むしろインターネットという新たな媒体を得て、これまで以上に静かに、速やかに、そして広く伝播しています。

この『ネットで流れた怖い話』は、そうした「現代の怪談事情」にのっとったアプリと言えます。ネットの闇でまことしやかに囁かれる怖い話を、ネットを巡回することなく手軽に読むことができますよ。

本アプリはAndroid マーケットの書籍&文献カテゴリで無料アプリ1位にもなった、大人気の「怪談閲覧」アプリです。

本アプリはすべての怪談がインストールパッケージ内に収録済みなので、読む時に通信が発生せず、オフラインでも読むことができます。

動作も軽快で、いつでもどこでも快適に怪談を読めるのが特徴です。

よって新着の怪談の追加は、本体のアップデート時に行われます。

レビュー時点で150本もの記事が収録されていました。

記事には5分程度でサクっと読める1話完結のものから、複数本の記事にまたがった長編まで、バリエーション豊富です。

記事は主に「2ちゃんねる」のオカルト板などに書き込まれた話が集められています。

私の個人的な一押しは「姦姦蛇螺」というお話。

田舎へ行くと、今の時代であっても「神域」や「聖域」と言われるような、入ってはいけないとされる場所がありますが、これはその禁を破った少年たちの話。

伝承や儀式の描写など、妙なリアリティにあふれた恐怖譚です。

また「怖い」の定義もいろいろとあるようで、心霊系の怪談だけではないのも特徴です。

「ストーカーに追われているんです助けてください」のようなリアルで「怖い」話から、「勇者『魔王倒したし帰るか』」などの変化球なお話もあります。

また中には笑えるお話もあります。「幽霊だけど何か質問ある?」では、幽霊さんの様々な苦悩が語られています。

なお怪談は、読者(ユーザー)からの投稿も随時受け付けているそうです。

ちなみにAndroid マーケットに投稿用のメールアドレスがあるので、皆さんのとっておきの怖い話を他のユーザーに紹介してみてはいかがでしょうか?

飲み会などのネタ集めや暇つぶしとして、重宝しそうなアプリです。

特に、通信が使えない地下鉄をよく利用される方にはオススメです。
もっとも、終電間際の無人な車内で読むのは決してオススメできませんが…。

大手サイトならではの、しっかりとしたレビュー!
OCTOBA(オクトバ)さん、レビューありがとうございました!

参考リンク:
OCTOBA(オクトバ)
ネットで流れた怖い話 紹介ページ
 
posted by YaneDaisuke at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | メディア掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然失礼します!
5億年の話の漫画?は菅原そうた『みんなのトニオちゃん』に載ってる話だと思います(^-^)/
Posted by よつば at 2011年11月21日 14:05
結構昔の漫画ですよね?
よく分かりましたね〜。

もっとこの人の漫画を見たくなる内容でした。
Posted by 管理人 at 2011年11月21日 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。